ビーグレン化粧品の新作 インナービューティーのキャンペーン。シミ、しわ、ニキビ、乾燥肌、たるみなどの肌トラブルを体の内側から解消するサプリメント。@コスメで高評価。このサプリをいち早く試し美肌を取り戻しましょう。

美肌のための食事

乾燥肌と敏感肌

さまざまな肌トラブルに発展する敏感肌
あなたもお悩みかもしれません。
敏感肌の中でも、その原因が乾燥肌にある状態を「乾燥性敏感肌」といいます。
乾燥肌でもあり、敏感肌でもある、とてもトラブリーな状態です。


元々体質的に肌の保湿力が弱い人もおられますが、生活改善によって良くなる可能性もありますので、生活習慣やリズムの見直しで良くしていきたいものです。


健康な肌であれば、常に一定量の水分を蓄え、皮脂を分泌しており、いろいろな雑菌や乾燥からを守るパワーがあります。
皮膚には、本来、肌をバリアする機能が備わっているはずなのです。


乾燥肌はどうして起こるかといえば、外気の乾燥であったり、免疫力の低下だったり、睡眠不足やストレス、喫煙、不規則な生活習慣などで、肌を守る水分の保湿力や皮脂が十分に補えず、保てない状態に変わってしまうことで起こります。

そうなってしまうと、肌を守るバリア機能が落ちてしまうので、ちょっとした外からの刺激で肌トラブルが起こってしまうのです。


敏感肌も種類はさまざま

女性特有の悩みといわれる敏感肌
実際は男性でも敏感肌はありますが、あまり敏感肌と表現しないだけですね。
たとえばカミソリ負けなんていうのも敏感肌です。言い換えれば。

それはさておき、敏感肌にも様々な種類があります。

分類分けをすると以下のようになります。

《1》体調変化による敏感肌
風邪などの体調不良、睡眠不足、ストレス、生理前など、何らかの要因で体調変化が起きているときにだけ、症状が出る敏感肌のタイプです。

《2》環境変化による敏感肌
日差しが強くなる夏、花粉の飛ぶ季節、季節の変わり目、エアコンの使い始めなど、環境変化のあったときにだけ、痒みや湿疹などの症状が出る敏感肌タイプです。

《3》接触性皮膚炎(高感受性タイプ)
衣類や衣類についているタグ、マッサージなどの摩擦によって、赤くなったり、痒みや湿疹が出る敏感肌です。

《4》混合敏感肌
アトピー性皮膚炎などがこの混合敏感肌に当たり、ハッキリと「これ」といった原因に絞り込めず、複数の要因が複雑に絡んで引き起こされる症状です。

《5》アレルギー敏感肌
体の免疫反応が引き起こすもので、特定のアレルゲンに対して症状が出ます。
よく知られているのは漆などで、特定の化粧品や金属のアクセサリーなどの症状も、アレルギー敏感肌に含まれます。


美肌になる食べものは?


syokuji.jpg

体の中から美しく、健康でいるには食生活が重要なカギになります。
食生活のしかた、いわゆる栄養のとりかたあ長い間に全身の健康に影響し、同時に肌の美しさにも影響します。

極端に言えば、食べ物が肌を美しくしたり反対に荒らしたりする原因になるんですね。

肌のくすみやニキビ、吹き出物、バサバサした髪など栄養のバランスを良くするだけでも、見違えるほどキレイになることが多いんです。


じゃあ、どんな栄養素が必要なのかというと、


tanpaku.jpg


美肌、健康を維持するために必要な栄養素には、水のほかにタンパク質、脂肪、炭水化物、ビタミン、ミネラルなどがあります。

そのうち、健康と美肌のためにとくに大切なのはタンパク質です。

タンパク質はわたしたちの体、皮膚の重要な成分の一つだからです。

タンパク質を含む食品には、肉類や魚、大豆製品などがあります。それらを毎日食べることが大切で、できるだけ良質のタンパク質をとる必要があります。


タンパク質は、もともとアミノ酸と呼ばれる物質が複雑に組み合わさってできています。


bihada_2.jpg

アミノ酸は20種類あって、体内で合成されるものと食物からとらなければ得られないものがあります。これを、必須アミノ酸といってイソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、バリン、トリプトファン、ヒスチジンの9種類をいいます。

アミノ酸はタンパク質を作る原料として体のいたるところにあります。

肌の保湿を保つのに大きな働きをする天然保湿因子もアミノ酸です。



シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!バイオ基礎化粧品b.glen



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0